So-net無料ブログ作成
検索選択

今年はシベリウス・イヤー(そして、福永武彦) [ご挨拶]

明けましておめでとうございます。
今年も、拙いブログではありますが、どうぞよろしくお願い致します。
そして、今年もたくさんのステキな音楽を介して、皆様と音楽のお話ができますように♪

去年は、特に年末に、予想以上にCD購入に散財してしまい、書籍代を工面するのが大変になってしまいました。
おそらく、この傾向は今年も続くのではないかと思われますので、
もう今年は新たに本を買うのを極力控えようと思っています。
それで、本箱の中から昔読んだ本を引っ張り出して、再び読んでいくことにしました。
(昨年末から、そういう状態を強いられていますが)

それが、福永武彦
大学時代、相当はまっていました。
文庫本は全部持っていたのですが、全集の購入を機に、古本屋に売ってしまいました。
気軽に読むには文庫本が一番なのですが、
なんと今やほとんど絶版なのですね(涙)。
それで、今年の目標その1として、福永武彦全集を読破するゾ、と。
音楽ブログになぜ福永武彦かといえば、
福永武彦といえば、シベリウスだからです。
だから、今年の目標その2として、シベリウスを聴くゾ、と。
今年をシベリウス・イヤーにしたかった理由は、そういうことです。
(たいした理由ではありません。)
大学時代は、ついつい同じ北欧のグリーグ浮気をし、そのままになってしまったので、
今年はン十年ぶりに気張ってシベリウスを聴きます♪
例の「ザ・エッセンシャル・シベリウス」のお世話になります。

ただ、昨年終わりがけにはまったラヴェルへの熱も、いまだ冷めやらず!!
シベリウス一辺倒には、決してならないと思われます。
頑張って聴かなくては!!

ということで、今年は読んだ本のこともブログに書いていきたいと思うので、
当初の「音楽ブログ」に追加して、「本の感想ブログ」としてもやっていく所存です。
つきまして、ブログタイトルも「音楽のある暮らし(そして本も)」とマイナーチェンジさせていただきます。
何卒よろしくお願い致します。

それから……
今朝の朝日の広告に、塩野七生の『ローマ人の物語』全15巻が載っていました。
読みたい!!
今年は本を買うのを極力控えようと思った矢先になんですが……。
う~ん……。


nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 14

 母さま、明けましておめでとうございます。
 今年の、初コメントでございます。

 (そして本も)!!
 いいなあ。
 『ローマ人の物語』、大大大好きです。
 ただ、何だか、勿体無くて、ちみちみと読んでいるので、いま、ようやくにカエサルが、ルビコン河を渡ったところなのですが……(笑)。
 ライフワークとは、このことですよね。終わってしまったのが、少しだけ残念でもあります。

 福永武彦さんは、とても母さまらしいなあ、と思いました。
 『草の花』には、ショパンも出て来ますよね。

 今年も、よろしくお願い致します。
 お互いに、いい本をいっぱい読んで、いい音楽をたくさん聴きましょうぜ。
by (2007-01-01 23:58) 

のすけの母

レモンさん、明けましておめでとうございます。
お忙しい中、わざわざご訪問ありがとうございます。

私は、本を買ったらそれで満足してしまうところがあって、
だから、今年はそういう本をしっかり読んでみたいと思っています。
それをわざわざブログに書くのは、押し付けがましい傍迷惑な話ですが。

『ローマ人の物語』、そんなにいいですか!!
やはり、読みたいです。
いい本なら買ってもいいことにします(というか、買わずにはおれないです、ハイ)。
福永武彦は、大好きで大好きで……でも、読み直すのは久しぶりなので、初恋の人と再会するくらいドキドキしています。

それでは、今年もよろしくお願い致します。
お互い、いい音楽といい本の滋養で、心豊かになれますように。
by のすけの母 (2007-01-02 04:29) 

木曽

こんにちは。
「ローマ人の物語」ついに完結ですね。
本屋に平積みになっているのを横目で見ながら、
そのうち図書館に予約しようと思っています。
第1巻のローマ創立当時、あとハンニバル戦役、カエサルのガリア征服のくだりなどは、
ここ数年で指折りの素晴らしい読書体験でした。
by 木曽 (2007-01-02 06:27) 

24hirofumi

あけましておめでとうございます。
良いお年をお迎えのことと存じます。

年末年始は帰省しており
音楽とはほぼ無縁でしたが
溜まっていた文庫本を3冊読みました。
のすけの母さまのように格調高くはなくて
玉村さんの食い気関連のものですが(笑)

今年もよろしくお願い致します。
by 24hirofumi (2007-01-03 11:04) 

e-g-g

年齢を重ねて、違った趣に聴ける、読める、そんな音楽と本を持っていたいですね。数は多くなくとも、しっかりと自分のものになるもの。

新しい一年も よろしくお願いいたします。
by e-g-g (2007-01-03 16:55) 

としゆき

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

『ローマ人の物語』、まだ読んでませんが、ローマの歴史には関心がありますよ。途中までは文庫化が進んでますので、そちらで読まれるのも一案ではないでしょうか。ローマ史を手軽に楽しめる新書本で、昨年亡くなられた弓削達先生の『ローマはなぜ滅んだか』(講談社現代新書)はコンパクトにまとまった上に面白かったので、おススメです。
by としゆき (2007-01-03 19:25) 

のすけの母

木曽さん、明けましておめでとうございます。
世界史は興味はとてもあるものの、高校時代の成績はさんざんでした。
是非とも勉強し直したいという気持ちだけはあったので、
『ローマ人の物語』は、とにかく読んでみたいと思っています。
by のすけの母 (2007-01-04 05:02) 

のすけの母

24hirofumi さん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

私も、帰省中は音楽とは無縁で、禁断症状が出かかっていました。
その点、本はいつでも読めるのでいいですね。
そんなに格調高い本ばかり読んでいるわけではないですよ。
どんな本でも音楽でも、きっと何か心の滋養になるはず!と思っています。
by のすけの母 (2007-01-04 05:06) 

のすけの母

eggさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

若いときに読んだ本を今読むと、どんなふうに思えるのか、
いささか恐いですが、楽しみでもあります。
私も、若いときのツンツン、トゲトゲが、少しは柔和になったと思いこんでいるので、感じ方も変わってきたとは思うのですが……。
by のすけの母 (2007-01-04 05:09) 

のすけの母

としゆきさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

>途中までは文庫化が進んでます
そうみたいですね。
やはり、文庫本のほうが気楽に(寝っころびながらでも)読めるので、文庫本で読んでいきたいと思っています。
『ローマはなぜ滅んだか』も読みたくなってきました☆
(本を買うのを極力控えるというのは、非常に難しそうです)
by のすけの母 (2007-01-04 05:13) 

mozart1889

おはようございます。
のすけの母さん、初めまして。mozart1889と申します。拙ブログにコメントを有難うございました。
さて、福永武彦! エエですね。大好きな作家です。没後27年になりましたが、大切にしたい作家です。新潮文庫と講談社文庫で沢山読みました。
福永のおかげで、クラシック音楽に開眼しました。彼の小説で、クラシック音楽の趣味が出来ました。感謝しています。特に『死の島』のシベリウス。そして『草の花』の「月光」。『風土』ではマーラー、なかでも「大地の歌」。
彼の作品には音楽が流れておりました。
こちらこそ、リンクをよろしくお願いします。TBも構わんでしょうか?・・・
by mozart1889 (2007-01-04 06:27) 

のすけの母

mozart1889さん、こんばんは。
mozart1889さんも福永武彦お好きなんですね!!嬉しいなぁ☆
「好きな作家は?」と訊かれ、「福永武彦です」と答えても、「は、誰?」ということが多々あり、もう言いたくないと思いを幾度となくしてきました。
だから、福永武彦を知っていると言われるだけで感激ものなのに、「大好き」という方にめぐり合えるとは……生きててよかった(おおげさでなく)。

TBしていただいたところも拝見致しました。ステキなエピソードとともに、福永武彦への思慕も語られていて……私のような軽さと違って、しっかり福永武彦に傾倒されていたんだと感激致しました。
これからも、音楽&福永武彦について、教えを賜りたいと切に願っております。よろしくお願い致します。

それから、リンクなんですが、右の「読んでいるブログ」にうまく登録できませんでした(涙涙涙)。
でも、私のパソコンのお気に入りにはしっかり登録させていただきましたので、何卒よろしくお願い致します。
by のすけの母 (2007-01-04 21:09) 

ポッチ

のすけの母さん、あけましておめでとうございます!
福永武彦さんは、残念ながら読んだことありません。なので、のすけの母さんのブログで勉強できればな、と思います。シベリウスの方は、どうにかついていけそうです(笑)。楽しみにしています。私は何イヤーにしよっかな♪
by ポッチ (2007-01-05 14:00) 

のすけの母

ポッチさん、明けましておめでとうございます。
福永武彦の本は、今や文庫本もほとんど絶版という、自分でもいうのもなんですが化石みたいな感じです。
それより、ポッチさんのオススメの本などの紹介を楽しみにしています。
音楽のほうも♪
今年もよろしくお願い致します。
by のすけの母 (2007-01-05 23:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。