So-net無料ブログ作成

「幻想交響曲/ベルリオーズ」 [CD(クラシック)]

昨日、また例の「名曲探偵アマデウス」の再放送をやっていました。
今度は「幻想交響曲/ベルリオーズ」です。

またまた実にポピュラーな曲。
おなじみ過ぎて……でも、それだからこそ、なんとなく聴いていました。

「恋人のテーマ」。
確かに。
でも、各楽章でそれをいちいち意識して聴いていなかったので、あらためて聴くと、ベルリオーズの思いが深まる感じです。

「幻想交響曲」は、ライヴで2回ほど聴いていますが、魅力は大編成の音。
そんな迫力のある中、ハープも2台。
なんでかなぁとなんとなく思っていましたが、1台では無理な移調だとのこと。
第5楽章の悪魔的な雰囲気が好きなのですが、ガイコツの踊りを「コル・レーニョ」で表していたんですね。
「コル・レーニョ」といえば、「火星」の冒頭。
いつも、こんな奏法して楽器大丈夫?と思うのだけれど……
弓だってピンキリで、高いものはめちゃくちゃ高いはず!!
(最近とんとご無沙汰のチェロだって、
高い弓は弾きやすく欲しくなったけれど、
買える値段ではなかったです……)

また、あらためて聴きたくなったので、お気に入りのチョン・ミュンフンので。

ベルリオーズ:幻想交響曲

ベルリオーズ:幻想交響曲

  • アーティスト: パリ・バスティーユ管弦楽団,デュティーユ,ベルリオーズ,チョン・ミュンフン
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1995/09/01
  • メディア: CD


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 3

クララ

チョン・ミュンフン!!
一度、聴いてみたいです!!!
by クララ (2009-01-12 09:31) 

Lionbass

高い弓を持っている奏者は、コルレーニョ用の安物を別に用意することもあります。

幻想のハープですが、私がDVDを持っている「作曲当時の楽器を使用した演奏」では、6台使われています。左右に3大ずつ…。
http://lionbass.blog.so-net.ne.jp/2006-01-16
by Lionbass (2009-01-12 11:50) 

のすけの母

クララさん
チョン・ミュンフン、いいですよ!!
ライヴも一度あります☆

Lionbassさん
コルレーニョ用の安物……納得です。
ところで、
「幻想交響曲」のハープが6台って、すごいですね。
ちっちゃな舞台では無理じゃないですか?


by のすけの母 (2009-01-13 16:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。