So-net無料ブログ作成
検索選択

「動物の謝肉祭/サン・サーンス」再び [CD(クラシック)]

今夜の「名曲探偵アマデウス」は、サン・サーンスの「動物の謝肉祭」。
その中では、コントラバスの奏でる「象」は、いかにも象という感じのゆったり感が好きですが、
この譜面(ふづら)がきれいということだそうです。
譜面を見ても楽しめるんだそうです。

そして、やはり「ピアニスト」はおもしろい。
人間も動物園の動物と同列に並べるとは!!
このたどたどしい、いささか神経をいらだたせるような音楽を、よくもまあ作ったこと!!
確かに「ハノン」の練習は嫌いだったけれど……ここまで皮肉らなくてもと思ったりして。

また、「死の舞踏」は好きなので、それを「化石」にしなくてもとも思ったりしてましたが、
自分の曲もいつか化石化するかもという自戒と、いつまでも残すという自負心。
さすが、です。

日頃あまり聴かない曲ですが、たまにはいいですね、こういう曲も。

 

ちなみに、チェロが好きな私ですが、「白鳥」はまあ普通です。
確かに美しいですが、なんかポピュラーすぎて……
また、音があまり低くないからでしょう。

私は弦の低音が好きで、
コンサートでも、チェロやコントロバスの低音のピチカートが響く瞬間が、一番ゾクッとするのです。

(以前も、この曲について書いていました。参考までに……
http://shachinoie.blog.so-net.ne.jp/2007-01-16


ところで、サン・サーンスといえば、やはり交響曲第3番「オルガン付」。
以前、目の前に大きな建物がそびえ立つと書きましたが……
http://shachinoie.blog.so-net.ne.jp/2007-01-12


思い出しました!!
それは、「ルパン3世」の「死の翼アルバトロス」だったと思います。
あのアニメも若いころ好きで、それが脳裏のどっかに残っていたんだと思います。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

Lionbass

この「名曲探偵」も見逃してます。再放送を探します。

「動物の謝肉祭」の「象」はコントラバス弾きにとって貴重なレパートリーですが、弾いていてそんなに楽しいというわけではないですね。

「オルガン」はつい先日やりました。
by Lionbass (2009-02-08 14:01) 

e-g-g

最後の十分ほどを見ました。再放送に期待です。
ところで「譜面(ふづら)」、
クラシックを聞き始めたころに、主に交響曲のスコアをずいぶんと買いました。
そのとき感じたのが楽譜ってグラフィック!
オーケストラの全合奏のところは印刷されたスコアも黒々としてる!
まぁ、ずいぶんと素朴ですけどね、そんなことにも感動した覚えがあります。

by e-g-g (2009-02-08 18:09) 

のすけの母

lionbassさん、
そうですか、弾いててそんなに楽しくないですか……。
「オルガン付」は、一度ライヴを聴いてみたいなぁと常々思ってます。
それを、自ら〝やった〟だなんて、すごすぎます!!
by のすけの母 (2009-02-09 16:56) 

のすけの母

e-g-gさん、
ポケットスコアを眺めたり、ピアノの譜面を見るのも好きですが、
「譜面(ふづら)」なんてことは、考えたこともありませんでした。
そういう見方で見ると、また違った聴き方もできるのかも!?
by のすけの母 (2009-02-09 16:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。