So-net無料ブログ作成
検索選択

「火の鳥/ストラヴィンスキー」 [CD(クラシック)]

最近のマイブーム(←いっときもてはやされたこの言葉も、今ではあまり聞きませんから、あえて使います)は、「火の鳥」。
去年の9月の名フィル定演でまず聴き、11月の大野さん指揮で再び聴き、すっかりとりこになってしまいました。

今日は休みがとれたので、ゆっくりCDを聴こうと思ってたのですが、
世間では五輪の女子フィギュアのSPがあるとかで大騒ぎ。
世間が騒ぐと私は引くのですが、フィギュアは音楽をBGMがわりにできるので、チャンネルを合わせておきました。

浅田真央選手もよかったけれど、キム・ヨナ選手のトータルに美しい様はさすがと思いました。
で、テレビの解説を聞くと、「音楽の解釈」とか言っていました。
これは、確かスポーツであるはずで、回転数とか高さとかそういうことが基準になるのは頷けますが、
「音楽の解釈」って……

フィギュアは、「美」を競うものになっているのですね。
だから、採点の基準は主観的にならざるをえないわけで……
そんな審判の主観に一喜一憂させられるなんて、なんて過酷な!と思いました。

さあ、「火の鳥」を聴きましょう。

ストラヴィンスキー:火の鳥

ストラヴィンスキー:火の鳥


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 2

e-g-g

火の鳥はしばらくご無沙汰してますが、
記事を拝見して聴きたくなりました。

その響きにショックを受けて大混乱した耳?いや頭。
もう35年も昔のことですけど、
はじめて聴いたころが懐かしいです。
*
フィギュアスケートの採点、分かりにくいですね!

by e-g-g (2010-02-25 18:08) 

のすけの母

フィギュアは……逆転はなかったようですね。
今夜は仕事の帰りにコンサートに寄り、帰ってからまったくテレビ見てないので、銀メダルの演技も金メダルの演技も見ておりません。

「火の鳥」はウォークマンに落として聴いています^^
by のすけの母 (2010-02-26 23:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。