So-net無料ブログ作成
検索選択
宮本文昭 ブログトップ

「オーボエ奏者・宮本文昭 ファイナル・コラボレーション」 [宮本文昭]

今週は、月・火と元気で、ブログの記事も更新できましたが、やはり週半ばに疲れがたまってきて、10時まで起きているのがやっととなり、パソコンを起動させても画面を見るやいなや睡魔におそわれてしまいました。
それが、金曜日になると、明日はお休み!ということで、元気になります。
元気なところで、録画しておいたものを見ていくことにしました。
(とはいっても明日はまたサッカー観戦で、もし勝ったら、その試合のビデオばかり見ることになるのですが……)


で、「オーボエ奏者・宮本文昭 ファイナル・コラボレーション」です。
今年の3月27日というのだから、正真正銘のファイナルでしょうか。
私が見にいったのが3月7日、伴奏は塩入俊哉さん(ピアノ)だけでしたが、
このコンサートは、「コラボレーション」というだけあって、宮本さんに曲を提供した人たちや、娘さん(笑里さん)との共演。
これを最後に生で聴けた人は、幸せ者だなぁとあらためて思いました。

オーボエを聴くだけなら、テレビでも十分ですが、
先日生で聴いてみて、〝人間宮本さん〟に触れるなら、やはり生しかないなと思いました。
曲と曲の合間に語られる宮本さんのお話こそ、宮本さんの音楽の根源だと思うからです。
「ファイナル」と聞いて驚いて出かけましたが、
宮本さんのコンサートのすばらしさを知っていれば、「ファイナル」前に何回も行ったろうにと、あらためて思いました。
もう、思っても詮ないことですが。

こういうテレビ番組(宮本さんの語りもある)を見られただけでも、よかったです。

 

そうそう、宮本さんの本(『オーボエとの「時間」』)をやっと買いました。
早速読んでみようと思います。


宮本文昭さん on TV [宮本文昭]

今日新聞の番組欄を見たら、夕方にNHK-BSにて「BS週刊シティー情報」という番組で、宮本文昭さんの名前があるではないですか。
これは見るべし、と思って見ました。
内容は、先日の「ファイナルコンサート」のダイジェスト版のような感じ。
まだ演奏をやりたいという気持ちは当然あって、
それでも、続けることで、「あの人やめたらいいのに」と言われる前に、
自分で〝やめ時〟を決めたいということを語っておられました。
演奏したいという欲を、別の方面に向けたいということでした。

演奏は、
「明日の記憶」「アヴェ・マリア(カッチーニ)」。

そういえば、コンサートの時は、照明が暗く、お顔がはっきり見えませんでしたが、
テレビではくっきり見え、「ああ、こんなお顔だったのね」とあらためて思いました。

次の「宮本文昭さん on TV」は、22日の「徹子の部屋」です。
録画の用意は、準備万端です。


宮本文昭ファイナルコンサート@愛知県芸術劇場 [宮本文昭]

宮本文昭〟……その名前を知ったのは今から約10年前。
「Jクラシック」という言葉があったと思うのですが、そこで〝宮本文昭〟というオーボエ奏者の名前を知りました。
そのときは、須川展也さんや向山佳絵子さんに関心があったのですが、〝宮本文昭〟という名前も同時に刻み込まれました。
その後、CDで宮本さんのオーボエを聴く機会があり、
なんて美しい、雲の切れ間から光が差し込むようなオーボエの音色だ♪
と感嘆し、一度でいいから生で聴いてみたい!!と強く思うようになりました。

その機会が今夜でした。
最初で最後のライブの宮本さんです。

実は、宮本さんというのは貴公子のような方だと思いこんでいたのです。
なぜなら、CD「THANKS!」(↓)のイメージが強かったからです!!

こういう感じでステージに現れると思ってたのです。

違いました。

もっとカジュアルないでたちで、そして、たくさんたくさん語られて……。
初めてお声も拝聴致しました。
とても楽しいお話で、湿っぽいファイナルコンサートになるのかと思っていたのが大はずれ!!
楽しく笑わせてくれて、もてなし上手です。
もちろん、あのオーボエの音色も十二分に聴かせてくださって、それは極上の時間でした。

だから、あっという間に最後の曲。
それでも、アンコールを2曲演奏していただけました。
どれも素晴らしい演奏でしたが、「風笛」が一番よかったです。
CDとは違ってピアノ伴奏ですが、これもステキでした。

CDを買ったらサイン会の整理券をいただけるということでしたが、余りの長蛇の列に尻込みしてしまいました。
サインもいいけれど、今夜は宮本さんのオーボエを記憶に残すのが先決です。
だから、いいのです(サイン、欲しい気もしましたが!)。
名古屋最後のオーボエを聴くことができた、ということで十分すぎます。


オーボエを吹くことは終わっても、音楽家〝宮本文昭〟はこれからも邁進していくようなので、これからのご活躍を楽しみにしております。

 

そうそう、TV「徹子の部屋」の収録をされたそうで、今月22日ごろの予定だとおっしゃっていました。
また、本も出すそうです。
そして、ゲーム「聖剣伝説4」をクリアすると、エンディング音楽が宮本さんだそうです。
RPGは「ドラクエ」しかやらないし、しかも最近ではゲームを全然やらないので、縁がなさそうです。




チケットGET!!   [宮本文昭]

先日、絶対行くんだと心に決めた「宮本文昭ファイナルコンサート」ですが、
たまたま「ぴあ」を買ったら、
読者先行発売というのがあるではないですか、それも今日。
早速電話しました。
奮発してS席です。
ただ、もう2階席なんですね。
私も、絶対行くとか言う割には、のんびりしているので、
プレリザーブというのも、「ぴあ」で知りました。
もう、いい席は既に売れているのでしょう。
一般発売は、今週の27日(金)です。
「ぴあ」を買うまで、私は27日に買うつもりでいましたから。
とにかく、チケットがとれて一安心です。
来年の3月7日(水)です。
まさか、Jリーグと重ならないだろうと思っているのですが、
この日だけは、万が一重なった場合、
当然コンサートを優先させます♪


宮本文昭ファイナルコンサート@名古屋 [宮本文昭]

生で聴いたことはないのですが、
宮本文昭さんのオーボエは、ずっと好きでした。
持っているCDの中で、一番すきな「AIR」を、
ここのところよく聴いていたのですが、
今朝の朝日新聞の「芸術エクスプロージョン」のページで、まず目に飛び込んできたのが、
宮本文昭ファイナルコンサート」というフレーズでした。
クラシックはとても好きですが、
予算の関係で(どうしてもサッカー観戦に優先的にお金を使います)、
コンサートにはほとんど行けません。
CDで聴くばかりです。
だから、今日まで宮本文昭さんが来年の3月で演奏活動にピリオドを打つということを、全然知りませんでした。
本当にびっくりしました。
そして、そのファイナルコンサートが、来年名古屋であるというのです。
これは行くしかありません!!
最初で最後の宮本文昭さんのコンサートです。
何があっても行きます!!

<参考>
宮本文昭さんのHP;
http://miyamotofumiaki.com/
ファイナルコンサート@名古屋;http://multi.i-debut.org/Journal/UserContent.aspx?id=438

アリア

アリア


宮本文昭 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。